毎日早く起きたいと思っていても、どうしてもできない、続かない・・という人が多いです。
そんな方のために早起きのために身につけておきたい習慣をご紹介しましょう。

どれも簡単で今日からでも実行できるものばかりですのでご参考にしてみてくださいね!

早起きを成功させるためのおすすめ生活習慣

お酒を控える

よくお酒を飲む方が寝つきがよくなると思われている方がいますが、実際には違っています。
寝入るまでの時間は短くなっても、お酒の量が多いと睡眠の質が悪くなります。

また、ノンレム睡眠の時間が増えてしまうため睡眠時間が短くなると言われています。
早起きするためには寝る3時間前までに飲むのをやめ、お水をたくさん摂るようにしましょう。

室内環境をよくする

冬場は特に早起きするのが辛いもの。
そんな時におすすめなのはあらかじめ部屋の温度を上げておくことです。

快適な睡眠にいい環境とは夏は25~27度、冬は14~20度の室温で、湿度は50~60パーセントと言われています。
エアコンやヒーター、除湿器や加湿器などをうまく使っていただけば早起きが苦にならなくなります。

朝起きたら窓とカーテンを開ける

窓やカーテンが締まっている状態から窓とカーテンを開けて明るい状態にしましょう。
部屋を朝の明るい状態にすれば気分も朝になるはず。
ベッドから起きたら朝の新鮮な空気を部屋に取り入れましょう。

お水をゆっくりと飲む

カーテンを開けたらコップ1杯のお水をゆっくりと飲みます。
朝起きてお水を飲むことで体や喉を潤すだけでなく血流や内蔵の働きを活発にします。
ぜひ、早起きするための流れとして取り入れてみてください。


早起きしたいと思ってもなかなか成功しなかったり、できたとしても三日坊主になることが多いです。
ここでお教えした生活習慣を身につけていただければ早起きが苦でなくでしょう。

早起きするとさまざまなメリットがあるのは誰でも知っているはず。
今日からでもぜひ実践してみてくださいね!