朝起きると朝ごはんを作り、洗濯や掃除…その後準備をして出勤…と毎日忙しいあなたに、ぜひお教えしたいのが家事の時短方法です。
1日が24時間では足りないと思っている方にぜひ読んでみていただきたいです。

今日からでもできる家事の時短方法

食事編

毎日の家事の中で最も頭を悩ませるのが食事作りではないでしょうか?
休みの日に作り置きしておけば、毎日のメニューに悩まずに済みますし、下ごしらえしておけば毎日の料理の時間も短縮できます。

買い物編

最近ではカタログなどに載っている商品を注文すれば、自宅まで届けてくれるサービスが増えているのでぜひ利用しましょう。
大手スーパーでもこのサービスを始めているところもあります。
仕事をしていると買い物に行く時間ももったいないかと思いますのでおすすめです。

日ごろお買い物に行くスーパーで宅配サービスをやっているかどうか聞いてみるといいでしょう。

掃除編

掃除の頻度の見直しも必要かと思います。
場所によっては毎日する必要のないところもあると思いますので、本当に毎日するべきかどうか見直してみるといいでしょう。

洗濯編

もちろん、洗濯は毎日しなくてもまとめてすることができますが、干した後も工夫次第で時短が可能です。
たとえば、干して取り込んだ後の衣類をたたまずにハンガーにかけたままクローゼットに収納するとしわにもなりくく、たたむ時間をゼロにできます。

お子さんがいるご家庭では特に衣類が小さくたたむのが大変なので、この収納方法はおすすめです。

また、洗濯後衣類を収納する場所に工夫をすることも時短につながります。
衣類などを収納するタンスは移動式のものなどを使い、洗濯が終った後すぐにしまえるよう近くに置いておくといいですね。

工夫次第で家事は時短することが可能です。
仕事から帰ってきて家事をこなすのは大変かと思います。
ぜひ、ここでご紹介した時短法を実践していただき、ご自分の時間が持てるよう工夫してみてくださいね!